「ふっかつのじゅもん」が復活。3DS、PS4両方でプレイができる!!

2017年4月11日、スクウェア・エニックスのプレイステーション4/ニンテンドー3DS用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の発売日発表会が開催。この中で、ふっかつのじゅもんに関する情報が公開されました。




過去作のふっかつのじゅもんも使用可能!

過去作で搭載されていた今で言うセーブ機能「ふっかつのじゅもん」が、ドラクエ11にも搭載されます。教会で聞くことができる「ふっかつのじゅもん」を覚えておき、冒険を再開する時に入力すると、物語の大体同じところから冒険を開始できる機能で、レベルや所持金、所持品などは物語の進行にあわせて、あらかじめ用意されたものに置き換わるそうです。

過去作ドラクエ1・2で使った「ふっかつのじゅもん」を入力することで、序盤の展開が有利になるとのことで、ゴールドやアイテムがある程度当時の状態になってドラクエ11を始めることができるようです。主人公のレベルは、普通にスタートしたときと同じになるようです。

過去作のふっかつのじゅもんをいくつか

ドラクエ1ドラクエ2
ふるいけや かわずとびこむ
いけのおと ばしゃ
ゆうて いみや おうきむ
こうほ りいゆ うじとり
やまあ きらぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ
ぺぺぺ ぺぺぺ ぺぺぺぺ ぺぺ
ほりいゆ うじえに つくす どらごく えすと だよこゆわ るめむ すじぐが
れろぱ むゆほ らべにぜ
ぶぽべ あきい きりくす
ずふべ そのた らわぷそ
ずびぐ つらひ きぴたふ へ

ハードをまたいでプレイ可能!

今作はPS4と3DS(スイッチ版は後発の予定)からの発売となっていますが「ふっかつのじゅもん」を使えば、1つのセーブデータで2つのハードを使うことができます。ただ「ふっかつのじゅもん」は短い文字列なので、冒険の書のようにすべてを記録はできません。主人公の名前や大まかな物語の進行を記録するもので、物語の再開も大体同じ場所となるので注意が必要です。








シェアする